• ホーム
  • 口唇ヘルペスで扁桃炎を発症する事もある

口唇ヘルペスで扁桃炎を発症する事もある

2019年12月22日

口蓋扁桃はのどの奥に左右対になって存在する腺組織のことで、主に細菌やウイルスなどの外敵の感染を免疫機能に伝達する役割を担っています。鼻の奥から気道の入口に位置しており、気管から肺へとつながる呼吸器の入口の部分にあたるので、外気に含まれる細菌やウイルスなどの外敵が付着しやすい解剖学的特長をもつとされています。呼吸などを通じて咽頭に付着した細菌などが、口蓋扁桃に感染増殖することで急性炎症を来たして、扁桃炎の発症を見ることがあります。徳に小児期では気道が狭く免疫機能が未発達のため、急性の扁桃炎を頻繁に発症します。小児期に炎症が咽頭やその周辺の口蓋扁桃に発生する傾向があるのは、口呼吸のクセが身についていることも関係しているようです。鼻を中心に呼吸する鼻呼吸では鼻毛が存在したり、気道に到達するまでに曲がりくねった気道を通過する必要があるので、容易に細菌などが感染できない仕組みになっています。これに引き換え口呼吸ではダイレクトに咽頭に外気が触れることになるので、口呼吸は感染症を防ぐ上では大きな問題を抱えています。従って大人でも口呼吸のクセがあると扁桃炎を発症を繰り返すことがあるのです。
原因は多くの場合、ブドウ球菌やレンザ球菌などの細菌ア感染が原因ですが、なかにはヘルペスウイルスが原因になっていることもあります。主に口唇ヘルペスを発症し、唇やその周辺の皮膚などに水疱が発生するのが初発症状です。唇やその周辺の皮膚などに発生した水疱が破れると、多数のヘルペスウイルスを含んだ体液が、口腔内部を通じて口蓋扁桃に感染し、急性炎症を来たしたものがヘルペス性の扁桃炎です。唇や周辺皮膚のいたみを伴う水疱のほかに、高熱が出ることも多く咽頭周辺が腫れ上がり摂食困難になることも珍しくありません。
しかし高熱や咽頭腫脹による摂食困難などの症状は、細菌性の扁桃炎でもよく経験される症状なので、初期診断でヘルペス性扁桃炎を診断するのは容易でない場合もあるようです。細菌の増殖を抑制する抗生物質を投与しても、芳しい病状の回復が見られないことが判明して、検査の結果ヘルペス性扁桃炎と診断される可能性もあるわけです。細菌性の扁桃炎は抗生物質が良く効くので、投与を開始すれば速やかな症状の回復を期待できるはずです。ただしヘルペス性扁桃炎はアシクロビルなどの抗ウイルス薬はあまり効果を期待できないので対症療法を中心に、免疫による自己回復を待つほかないとされています。

関連記事
ヘルペスに効く各内服薬の効能の違い

潜在的感染者数も非常に多いことから、ヘルペスには医師の処方箋が必要な治療薬はもちろんですが、市販薬も入手することができます。形状も軟膏タイプから、服用する内服型に医療機関では重症な場合には点滴などが選択されることもあるようです。そこでヘルペスに効果のある内服薬や軟膏などを中心に、それぞれの効能や服用...

2019年11月14日
子供にも安心して服用させれるヘルペス治療薬は?

へルペスは、大人でも発症するとピリピリしたいたみを伴う水疱に嫌な思いをすることも珍しくないほど辛いものがあります。それが年端も行かない年齢の子供がかかるとしたら、一刻も早く症状の沈静化をはかってあげたいものです。しかし身体が十分発達成長していない、子供に対して大人と同じ治療を実践することが出来るか否...

2019年09月24日
口唇ヘルペスと性器ヘルペスの違いって?

いわゆるヘルペスは口唇や顔面・性器などに破れやすい水疱が複数発生し、ぴりぴりしたいたみを感じることで知られていますが、正式名は単純ヘルペスウイルス感染症(HSV感染症)とされています。幼少期の水疱瘡が原因で体内に残ったウイルスが慢性疲労の蓄積や慢性疾患などで体力が落ちたときに発症する、帯状疱疹の原因...

2019年09月12日
口唇ヘルペス再発が原因でヘルペス脳炎になる事も

ヘルペス脳炎は急性脳炎の代表的な種類に属しており、病態の深刻さから全国500の医療機関で毎週報告が義務付けられている疾患です。単純ヘルペスウイルスには、口唇ヘルペスを引き起こすHSV-1と、性器や肛門周辺に水疱を発生させるHSV-2の二種類からなっています。ヘルペス脳炎はHSV-1とHSV-2の原因...

2019年10月16日
ヘルペス再発抑制薬として手軽なバルトレックスは通販で購入!

ヘルペスは口唇部にせよ性器にせよ、その種類にかかわらず一度感染すると、再発しやすい性質を持っています。再発のきっかけになるのは免疫力の低下に在ります。症状が沈静化すると、たしかに患部からはウイルスは一時的に根絶されています。しかしこれは体内から完全に排除されたことを意味しているわけではなく、神経細胞...

2019年08月23日
口唇ヘルペスの水疱を潰したらどうなる?

口唇ヘルペスは早期発見早期治療が速やかな回復のための重要なポイントですが、跡を残さないで綺麗に直すことも大切な視点です。口唇は視線が自然と向く場所なので瘢痕が残ると、悪目立ちします。水疱が出来ても跡を残さないためには、どのような点に注意するべきなのでしょうか。ここではまず口唇ヘルペスの発症から治癒ま...

2019年08月05日
風邪の華と言われるヘルペスは発病すると一生治らない!

ヘルペスウイルスの抗体保有者のなかには、風邪などに罹患したり疲労がたまって免疫力が低下したときに口唇やその周辺の皮膚に発疹が出現することがよくあります。表面は薄い被膜でおおわれており、電気が杷知るようなぴりぴりしたいたみを患部周辺に自覚するなどの症状が出現します。概観が唇に花がさいたような印象を与え...

2019年07月22日